文書に印鑑を活躍させる

  • RSS

今はパソコン時代ですから、何でもかんでもパソコンで書類を作り、プリンタで打ち出ししてそれを会議で用いることもあれば、人に郵送することもあるでしょう。ちょっと人に手渡すときですら、きちんとパソコンで作り、プリンタで打ち出して、手書きなど使わないできれいな文字で書いた文書を相手にわたすことが習慣になっています。

そしてそこには誰が書いたかということで自分の名前も書くでしょう。自分の名前はもちろんプリンタで打ち出しするので、活字になっています。さあ、そこで、あなたの印鑑を活躍させてみませんか。
書類に自分の名前が活字で印字してあったからといって、それは自分の文書であることがまだまだ相手に伝わりません。自分の名前が書いてあるだけでは、まだまだ不十分だと思います。なぜなら、もしかしたらそれはちょっとした文書だ、という意味と捉えられてしまうかもしれないからです。しかしその自分の名前のところに、名前と共に印鑑を押してあれば、その文書に対する扱いがグーンと変わってきます。その文書は、自分の真意を持って書いた物だという文書として捉えられるので、しっかり相手に文書を読んでいただけるのです。

ただ一つだけ問題があるとすれば、通例ではそういうことはしない文書に印鑑があると、変に思われるかもしれないということです。自分ではよいと思ってしていても、普通とは違うからといって反ってヘンに思われることもあるのです。それは気をつけましょう。そこで提案としては、文書の上部に印鑑用の枠を敢えて作り、そしてプリンタで印字して、その後で、その枠内に押印するということです。必要に応じて、相手のためにも枠を作っておけば、もう最高に有益ですよね。

〔お役立ちサイトのご紹介〕
「象牙や黒水牛などの高級印鑑を安く手に入れたい・・・!」
そんな方にオススメのWEBサイトがあります!
印鑑の比較サイト《印鑑ネット》では、 厳選された高品質の印鑑を、低価格でご紹介!
売れ筋やレビューに基づいているので、安心してお選びいただけます。

このページの先頭へ