印鑑で威厳を示す

  • RSS

印鑑の利用方法といえば、たくさんありますが、基本的には、自分の証明ですね。しかしこれを使って、自分の所有物の証明に使えますね。たとえば本などです。なかでも大切な本は自分の印鑑を押しておくというのも面白いのではないでしょうか。
もちろん、自分の名前を手書きしてもいいでしょうし、サインもいいでしょうし、目印だけでもよいのです。しかし、印鑑を押すことで、手書きとは違った味わいがあることでしょう。

手書きで名前を書いたりすると、やや落書きっぽいイメージがあるのです。大切な書物に落書きは絶対したくないということもあるでしょう。そんなときは書物に印鑑を押してみませんか。
たとえば辞書などです。よく使うもので、持ち歩くこともあるでしょうが、これは大切に使っているというときは印鑑がいいのです。
それから日記帳です。日記帳に印鑑を押すと、まずそれが誰の物か分かるので他人は開けません。しかも、印鑑をおしてあれば、ただならぬ書物であることが印象づけられるので、他人はなおさら許可無くして開けようとはしません。相手にこういう威厳を示すことができるのは印鑑ならではでしょう。もしサインなどしていたら、やや落書きっぽいので、反って悪意を持って日記帳を開かれる可能性がやや高まるのではないでしょうか。

他にも、スケジュール帳などに自分の印鑑を押しておくのはいいかもしれません。スケジュール帳というのは、もともと手書きの文字がたくさんあります。その中に自分の手書きで自分の名前があっても、大して目立たないのです。そこで、印鑑でバシっと自分の所有であることをうたってしまえば、一目瞭然なのです。

〔お役立ち商品のご紹介〕
オフィスで大活躍の日付印ならハンコヤドットコムの 《サンビー館》がオススメ!
日付替えが簡単にでき、浸透式で捺印できるので、スタンプ台が要らず手軽です。
日付印一本であなたの作業能率が格段にアップします!

このページの先頭へ